出金はこまめに!

ブックメーカーでトラブルを回避するには

日本からブックメーカーを行う際、まずブックメーカー自体が法的には問題がないかと思われる人が多いでしょう。まず開催国におけるブックメーカーはれっきとした産業であり、その国の承認を受けているため違法性は全くありません。また日本からの参加についてですが、これを想定した法律は存在していなく現時点では違法性はない、と考えられています。

例を挙げれば、ラスベガスへ旅行した際に遊んだ、と同じこととと解釈されますが、逆に日本の法律により保護されることが難しいことだけは念頭に置いておきましょう。

また金銭の受け取り方法ですが、少額でこまめにオンライン操作で払い戻しを受ける、というのが基本です。前述の通り、ブックメーカーはその国の承認を受けていますので払い渋りなどのトラブルは以外に報告されていません。

しかし月に1度は手数料は無料で払い戻しをしてくれるところもあるので、月1度は払い戻しは受けるべきです。また額で例を挙げるなら、10万円未満のうちが妥当といえます。万が一トラブルに備え、トラブルを事前に回避して楽しみましょう。

ブックメーカーの倒産

ブックメーカーとは、イギリスに存在する私設の小型ギャンプル場といったもので、日本でいえばたばこ屋と宝くじ売り場をあわせたようなものです。

政府公認で許可をとりさえすれば開設することができます。イングランドで盛んです。特色は還元率がブックメイカーごとに、賭けの対象ごとに変えられることで場合によってはプレイヤーに有利なものもあります。当然そういったものは人気がないか、結果があまりにもはっきりしているものです。

このプレイヤーに有利な賭けをうまくコントロールするのがブックメーカーの腕で実際に客に当選金を取られすぎて倒産するブックメーカーもあるほどです。日本ではサッカーくじが人気がなさすぎて経費を稼げなかったという例はありますが、当選金を払いすぎて終了したギャンブルというのは公営ギャンブルではありませんしちゃんと国庫にお金が入るように開設時に計算しておきますから、このブックメーカーというのはかなり客にとっては良心的といえます。

 

全くの初心者が安心できるブックメーカーは?

海外のブックメーカーをこれまでに使ったことがなかったり、海外のオンラインカジノでプレーした経験がなかったりする全くの初心者にお勧めするブックメーカーは、ウイリアムヒルです。

ウイリアムヒルはイギリスのブックメーカーの会社です。ウイリアムヒルの特徴はブックメーカーの中で最も歴史のある会社でイギリス政府の認可をもらっています。歴史とイギリス政府の認可はブックメーカー会社を選ぶのに重要なポイントになります。

ブックメーカー会社はたくさんありますが、すべての会社が信用できる会社であることはありません。中には、資金を引き出せないとかサイトが突然閉鎖されてお金が戻らないなどの詐欺があります。

その点、ウイリアムヒルは長年ブックメーカーサイトを運営していてそのような詐欺被害にあったという方を聞きません。そして、イギリス政府の認可があるというのも信用を裏付けていると思います。詐欺行為を行うような会社にイギリス政府が認可を与えるなどあり得ません。ブックメーカー会社はたくさんありますが、初心者はウイリアムヒルを利用した方が良いと思います。日本語も一部対応していて、日本人専用の会員登録ページから入会すると、日本人向けの日本語のマニュアルが配布されることも安心材料の一つです。

非合法なブックメーカーには手を出すな!

ブックメーカーと聞くと本屋さんと思う人もいるかも知れませんが、ブックというと賭け、賭博なのです。つまりは賭け事の元締めをブックメーカーといいます。

一番有名なところではイギリスのブックメーカー、ウイリアムヒルです。
ウイリアムヒルは、世界三大ブックメーカーの1つであるので、ご存知の方も多いでしょう。

このイギリスのブックメーカーはイギリス政府公認なのです。ですから、一般の競馬からワールドカップサッカーの優勝国、オリンピックなども賭けの対象となっているのです。しかしできないものもあります。ブックメーカーが賭けの対象としてできないのが戦争です。政治的な色合いが濃くなるためだそうです。

ブックメーカーはイギリスが有名ですが、諸外国では普通に存在します。シンガポールなどは公営のブックメーカーがあります。国営カジノと同じように運営しているのです。しかし、非合法なものも数多くあります。そういった非合法のブックメーカーは経営している会社自体が存在しないとの初歩的な詐欺であるケースが意外にも多いです。

外国との取引に精通していたり、英語等の外国語でしっかりした調査をする自身がなければ、オッズ等の条件の良さに惹かれて、聞いたことがないようなブックメーカーに手を出すことは危険です。

入金の詐欺、出金の詐欺をさけるためには?

悪質ブックメーカーに引っかからないように

ブックメーカーを運営しているサイトは、ほとんどが良心的なサイトではあるのですが、たまに悪質なブックメーカーを運営しているサイトなどもありますので、十分に注意していただきたいと思います。手口としましては、入出金が異常に遅かったり、出金を絞られたりしたりするそうです。そのような悪質なブックメーカーを運営している業者に引っかからないようにするためには、どのようにしていけばよいのか記載させていただきます。

一番いいのが、インターネット上で評判や口コミを見ることです。評判や口コミを見ることで、ブックメーカーを運営しているサイトの現在の状況を把握することができるからです。その他でも、インターネット上にブックメーカーを評価しているサイトなどもあります。こちらも利用することで、悪質なブックメーカーに引っかかる可能性は格段に下がると思います。ブックメーカーに興味を持ったので、すぐに挑戦するのではなく、ある程度の知識を身につけて挑戦していかないといけないということを学びました。

また、世界の三大ブックメーカーと呼ばれているブックメーカーから選んだり、日本語に対応していて、日本人の利用者が既に問題なく利用しているブックメーカーを選ぶことが得策です。

 貴方自身が、そのブックメーカーが詐欺サイトであるかどうかをテストするための実験台モルモットになる必要はなく、安全であると分かっているブックメーカーに入会すれば良いのです。

ブックメーカーへの入会は違法か?

日本におけるブックメーカーの利用法

ブックメーカーとは欧米の賭け事の胴元のことです。もともとは競馬やスポーツを対象とするものでしたが、今では政治的選択や大統領選の結果、天気までもが賭けの対象となっています。日本においては競馬や競輪など政府公認以外の賭け事は賭博法で禁止されているためブックメーカーは存在しません。競馬などのノミ行為、また野球賭博などは検挙される可能性があります。

しかし、海外のブックメーカーを利用して賭けることはできます。

インターネット上では合法、違法の意見が分かれています。日本人がラスベガスカジノをしても逮捕されないのと同じで、賭博が合法となる他国にサーバが置かれているブックメーカーのサイトを訪れて買うのは違法ではないようです。しかし、判例はありません。

また、クレジットカードを使う際に規制がかかることもあります。

とは言え、日本におけるカジノ合法化の動きと時を同じくするように、日本から外国(主としてイギリス)へブックメーカーに会員登録する日本人が増えています。
そして、この動きは、ロンドンオリンピックを境に加速していて、イギリスのブックメーカーが日本でも身近な存在となっています。