ブックメーカーへの入会は違法か?


日本におけるブックメーカーの利用法

ブックメーカーとは欧米の賭け事の胴元のことです。もともとは競馬やスポーツを対象とするものでしたが、今では政治的選択や大統領選の結果、天気までもが賭けの対象となっています。日本においては競馬や競輪など政府公認以外の賭け事は賭博法で禁止されているためブックメーカーは存在しません。競馬などのノミ行為、また野球賭博などは検挙される可能性があります。

しかし、海外のブックメーカーを利用して賭けることはできます。

インターネット上では合法、違法の意見が分かれています。日本人がラスベガスカジノをしても逮捕されないのと同じで、賭博が合法となる他国にサーバが置かれているブックメーカーのサイトを訪れて買うのは違法ではないようです。しかし、判例はありません。

また、クレジットカードを使う際に規制がかかることもあります。

とは言え、日本におけるカジノ合法化の動きと時を同じくするように、日本から外国(主としてイギリス)へブックメーカーに会員登録する日本人が増えています。
そして、この動きは、ロンドンオリンピックを境に加速していて、イギリスのブックメーカーが日本でも身近な存在となっています。