ブックメーカーの倒産


ブックメーカーとは、イギリスに存在する私設の小型ギャンプル場といったもので、日本でいえばたばこ屋と宝くじ売り場をあわせたようなものです。

政府公認で許可をとりさえすれば開設することができます。イングランドで盛んです。特色は還元率がブックメイカーごとに、賭けの対象ごとに変えられることで場合によってはプレイヤーに有利なものもあります。当然そういったものは人気がないか、結果があまりにもはっきりしているものです。

このプレイヤーに有利な賭けをうまくコントロールするのがブックメーカーの腕で実際に客に当選金を取られすぎて倒産するブックメーカーもあるほどです。日本ではサッカーくじが人気がなさすぎて経費を稼げなかったという例はありますが、当選金を払いすぎて終了したギャンブルというのは公営ギャンブルではありませんしちゃんと国庫にお金が入るように開設時に計算しておきますから、このブックメーカーというのはかなり客にとっては良心的といえます。