出金はこまめに!


ブックメーカーでトラブルを回避するには

日本からブックメーカーを行う際、まずブックメーカー自体が法的には問題がないかと思われる人が多いでしょう。まず開催国におけるブックメーカーはれっきとした産業であり、その国の承認を受けているため違法性は全くありません。また日本からの参加についてですが、これを想定した法律は存在していなく現時点では違法性はない、と考えられています。

例を挙げれば、ラスベガスへ旅行した際に遊んだ、と同じこととと解釈されますが、逆に日本の法律により保護されることが難しいことだけは念頭に置いておきましょう。

また金銭の受け取り方法ですが、少額でこまめにオンライン操作で払い戻しを受ける、というのが基本です。前述の通り、ブックメーカーはその国の承認を受けていますので払い渋りなどのトラブルは以外に報告されていません。

しかし月に1度は手数料は無料で払い戻しをしてくれるところもあるので、月1度は払い戻しは受けるべきです。また額で例を挙げるなら、10万円未満のうちが妥当といえます。万が一トラブルに備え、トラブルを事前に回避して楽しみましょう。